Ricksoft

Alfresco Content Services

主な機能

シンプル:使いやすく、
様々なユーザの利用シーン、
使い方にマッチした
アクセシビリティ

  • Web、CIFS、FTP、E-Mail、Officeアプリケーションなど、ユーザが利用しやすい場所からアクセス。
  • 確認しやすいコンテンツ、シンプルな操作環境。
  • どこからでも自由にアクセス - モバイルアプリケーション(iOS, Android)。
Alfrescoでのブラウジング

スマート:文書が中心の
業務プロセスにおいて
生産性を向上し、
ビジネスを促進

文書を種別に分けて管理し、
属性を付与したい
(文書タイプ、メタデータ)

エンタープライズコンテンツ管理において、大量の文書を効率的に管理するには、メタデータ(属性)の付与は不可欠です。
適切なメタデータを付与することによって、文書の検索性を向上させることができます。
Alfrescoでは、必要な属性を含んだビジネス文書タイプをテンプレート化しておくことや、業務で頻繁に使用する属性をあらかじめ用意しておいて適宜文書に付加するなど、細やかな設定が可能です。

文書を種別に分けて管理し、属性を付与したい

文書に自動タグ付けしたい
(タグ、カテゴリ管理)

文書に自動タグ付けしたい

検索結果をフィルタリングしたい
(検索、フィルタリング)

文書の検索結果一覧からさらに絞り込んで検索したいと思うことはよくあります。
Alfrescoでは、フィルター機能を使って検索結果からの絞り込みが容易におこなえます。
検索にヒットした文書が多すぎて、なかなか目的の文書を見つけられないという不満は解消され、無駄な時間も発生しません。

Alfrescoの検索

文書の更新履歴を確認したい、
過去の文書を参照したい
(バージョン管理)

文書の履歴管理をすることは、法令遵守する文書を管理するうえでも必須の要件です。
S/WやH/Wの設計書などをリリースバージョンに合わせて管理する場合にも重要です。
Alfrescoでは、すべてのコンテンツのバージョン管理ができます。
更新内容が分かるようにコメントを付けたり、必要に応じて過去のバージョンにロールバックさせることもできます。

文書の更新履歴を確認したい、過去の文書を参照したい

類似の文書をまとめて確認したい
(スマートフォルダー)

頻繁に使用する検索は条件を保存しておくことで、チーム内で共有でき、業務の効率化につながります。
Alfrescoのスマートフォルダーは、あらかじめ検索条件を設定しておくだけで、通常のフォルダーと同じ操作で目的の文書を表示できます。
物理的なフォルダー構造にとらわれず、動的なフォルダーツリーを実現できます。

Alfresco スマートフォルダ

処理を自動化して、
運用時間を削減したい
(自動化)

大量の文書を管理するシステムでは、運用方法についてさまざまな取り決めが必要であり、その内容も多岐にわたります。
運用コストを削減し、効率的に運用する方法を検討しなければなりません。
Alfrescoでは、パターン化された運用をルールとして定義しておくことで、自動的に文書を操作することができます。

処理を自動化して、運用時間を削減したい

承認ワークフローを回してから
文書を公開したい
(ワークフロー)

承認ワークフローを回してから文書を公開したい

フォルダ構成を統一化したい
(テンプレート)

文書が一元管理されるに従って、文書管理システムを利用するユーザーも増えます。
利用ユーザー数が増えると、フォルダー作成時や文書アップロード時の取り決めも必要になります。
Alfrescoのテンプレート機能を使用すると、フォルダー名の規則化、サブフォルダー構成の統一化、文書フォーマットの共通化を図ることができます。

Alfresco スマートフォルダ

どこからでも文書にアクセスしたい
(モバイル)

いつどこにいても必要な情報にアクセスできる環境が求められる世の中となってきました。
デスクワークの効率化が追求されています。
どこからでもセキュアな環境で情報にアクセスし、スピーディに対応することがビジネスの成功につながります。
Alfrescoは、お使いのスマートフォンやタブレットからも接続することができます。

どこからでも文書にアクセスしたい どこからでも文書にアクセスしたい

オフィス文書をオンライン編集したい
(Alfresco Office Services)

エンタープライズコンテンツ管理において、オフィス文書は常に存在するものです。
そのオフィス文書をツール上から直接チェックイン/チェックアウトできるとますます業務の効率化につながります。
Alfrescoでは、WORD, EXCEL, Power Pointなどのオフィス文書を意識することなく直接開き、編集・保存(バージョンを上げて公開)することができます。

オフィス文書をオンライン編集したい(Alfresco Office Services)

メンバー間で情報共有したい
(ダッシュボード)

Alfrescoでは、プロジェクトや部署ごとに「サイト」を立ち上げて、文書管理をすることができます。
チーム内で効率よく情報を共有し、生産性を向上させる手段として「ダッシュボード」があります。
ダッシュボードには「共通のダッシュボード」と「個人のダッシュボード」の2種類があります。
サイトの一覧、アクティビティ、ファイル、タスクなどのダッシュレットを組み合わせて自由にカスタマイズできます。
用途や好みに応じて使いやすいダッシュボードを作ることで、いち早く情報を把握し、生産性を向上させることができます。

Alfresco ダッシュボード

サイトへのアクセス管理を容易にしたい
(サイトの作成とメンバーの追加)

エンタープライズレベルのコンテンツ管理では、ユーザー数も多いため、サイトのメンバーの入れ替わりも頻繁に発生します。
機密文書や重要文書を管理しているサイトの場合は、そのサイトへのアクセス権を管理することは必須であり、且つ運用も容易であることが求められます。
Alfrescoでは、サイトごとに公開レベルを設定できるとともに、サイトへのユーザー追加・削除、アクセス範囲の設定もスムーズにおこなえます。

サイトへのアクセス管理を容易にしたい(サイトの作成とメンバーの追加)

オープン:オープンな技術を利用し、オープンソースでアプリケーションを提供

Alfrescoコミュニティ
日本のエンジニア有志で運営するコミュニティサイトです。
サポートドキュメント
インストール手順、FAQ、操作Tipsなどを紹介するドキュメントサイトです。
ヘルプデスク
当社のサポート契約をしているお客様はヘルプデスクからご質問ください。